製品:ハンドミラーリハビリトレーニングデバイス

2021-08-10

 

    製品:ハンドミラーリハビリトレーニングデバイス

    製品紹介:

    ハンドミラーリハビリテーショントレーニングデバイスは、視覚フィードバック療法を使用し、健側と患側の手の同期トレーニングを通じて、脳のミラーニューロンを刺激し、指のけいれんや脱力感の症状を直接改善し、脳の神経や血管を間接的に訓練し、脳損傷や神経損傷後の保存的治療の効果を高め、手術後の回復期間を短縮し、最終的に患者の回復の自信を強化し、患側の機能を回復し、生活の質を向上させる目標を達成します。


    機能特性: 

    1、筋肉駆動方式を模擬し、二次的損傷を回避

駆動プレートには人体の解剖学的関節位置が嵌合しており、その動きの自由度は手関節の動きの自由度とも一致しています。人体の運動メカニズムを模擬し、指の屈曲と伸展のトレーニングに継続的な受動的な運動とミラー運動を提供できます。駆動モジュールは、患者の動きの状態に応じてその自体の形状を調整し、患者への負担などの二次的損傷を回避することもできます。


    2、受動的なトレーニング、筋緊張の増加を和らげ

    受動的トレーニングモードは完全に自動化された設計を採用しています。患者に能動的制御能力がない場合は、最初に受動的トレーニングを使用することをお勧めします。これにより、指の屈筋と伸筋の筋力の回復、関節可動域の増加、および能動的な指の伸展の出現を促進できます。


    3、ミラートレーニング、制御能力を強化

    ミラートレーニングは、健側の手の動きのパターンを患側の手にマッピングすることができ、患者は絶え間ない視力を通して大脳皮質の活動を刺激し、脳機能のリモデリングを促進し、患側の手の運動機能の回復を誘発することができます。


    4. 人間工学に基づいたデザイン、関節を軽く快適に保護

    トレーニングデバイスは人間工学の考えに基づいて設計されたものであり、人間の手の構造の特性に応じてモジュラーデザインを採用し、強力な互換性を備えています。トレーニンググローブのセミオープンラッピングデザインは、中手指節関節と指節間関節を保護することができ、屈曲と伸展の動きがより自由的で快適です。

お問い合わせホットライン: 0086+400-186-7770

商談: srt@softrobottech.com

| 北京 | ソフト | 北京市北京経済技術開発区経海三路109号院12号棟

| 蘇州 | ソフト | 蘇州市張家港国泰北路1号科技創業園

| 蘇州 | スマート | 蘇州市相城区渭塘鎮鳳陽路1919号聖大保羅科創園5号工場

| 杭州 |ソフト|浙江省杭州市浜江区西興街道聚工路11号7棟5 A-4

| 蘇州 | ブロケード|江蘇省蘇州市相城区高速鉄道新城高融ビル

| 合肥 | セリテン|安徽省合肥市経済技術開発区安徽ジェンシン工業団地第8清禄路

Copyright © 2016- 2022  北京软体机器人科技有限公司版权所有 京ICP备16032117号-1
SRT软体机器人生产厂家,想了解价格,造价,多少钱,品牌哪家好请联系我们.